抹茶碗 仁清写 四季七宝繋ぎ 京焼色絵の通年もの抹茶碗 橋本城岳作

にんせいうつし しきしちほうつなぎ じょうがくさく

「七宝繋ぎ」(しちほうつなぎ)は、円が永遠につらなる模様。円満や繁栄の象徴

まず、七宝(しちほう、またはしっぽう)とは、仏典に出てくる7つの宝を指します。

その宝とは、金・銀・るり(ラピスラズリ)・はり(水晶)・しゃこ貝・さんご・めのう(オパール)のことです。(仏典により多少のちがいはあります)

仏教では、この7つの宝は富と子孫の繁栄の象徴とされます。

しかし、富と繁栄を受けつぐことは、「7つの牢獄」(ろうごく)を受け入れることともなると仏教では教えます。

富と繁栄を次の代につなげていくために、「非常に重い責任」を果たさなければならないと説きます。

女性は、子育てや家の切り盛りをになうなかで、大きな責任をはたしていることを示しています。

そして、「七宝つなぎ」とは、円形が永遠に連なる模様です。そのため、子孫繁栄やご縁、そして円満をあらわした縁起のよい絵柄とされます。

抹茶碗 仁清写 四季七宝つなぎ 城岳作 9,500円(税込)

人のつながりやご縁は、7つの宝と同等の価値があることを示す柄ともなります。

ご自分の円満だけでなく、家族やつながりのあるひとの円満も願う

「抹茶碗 仁清写 四季七宝つなぎ」は、そんなあなたに使って頂きたいとこめて思ってつくりました。

また、四季の草花を加えることで、

「年年歳歳、花相似たり。歳歳年年、人同じからず。」(ねんねんさいさい、はなあいにたり。さいさいねんねん、ひとおなじからず)

毎年、花は同じときに同じように咲く。しかしながら、人は毎年のように変わってゆく。

そんな季節のうつろいの意味を一碗に込めて作ったものとなります。

七宝の円の中に四季の草花の意味をこめる

※パソコンでご覧の方は、クリックで画像拡大します。

すべて職人の手描き

「七宝つなぎ」の細かな文様は、すべて職人の手描きとなっています。その七宝の円のなかに、四季の草花を散りばめて描きました。

七宝の円の中には「青海波の文様」

正面に向かって右側です。「青海波」(せいがいは)とは、無限に連なる波の文様。永久に続く幸せの願いがこめられます。

青海波の由来は、光源氏が舞う雅楽

源氏物語のなかでは、「雅楽」(ががく)「青海波」 (せいがいは)を舞う光源氏がえがかれています。平安時代から、雅楽を舞う人をの衣に青海波の文様となっています。

緊張しがちな茶会でも安心

茶碗の正面から左へ回った後ろ側です。この向正面には、大きく余白をとり、正面がわかりやすくなります。緊張しがちな茶会でも使いやすい配慮です。。

万葉から愛される桜と邪気をはらう菖蒲

茶碗正面には、桜と菖蒲(あやめ)を描きます。桜は万葉の時代から、もっとも愛されてきた花。菖蒲は、端午の節句(たんごのせっく)で飾られる花。邪気をはらう草花とされてきました。

梅は出世と開運のしるし

茶碗の内側には紅梅を絵付け。梅は春に他の花より先に咲くため、「出世」と「開運」の象徴となります。きびしい寒さの中で花を咲かせることから縁起のよいものとされてきました。

大和撫子とひかえめな美しさの象徴の椿

撫子(なでしこ)は、大和撫子・日本女性の清楚な美しさ。椿の花言葉は、ひかえめな美しさ。桔梗は、秋の七草のひとつ。松は冬でも緑を絶やさぬため変わらぬ健康を意味します。

成長と長寿の竹と万葉から愛される紅葉

他の草花が枯れるなか、雪の中でも青々と緑をたもつ「竹」。子孫のまっすぐな成長と長寿をあらわします。「もみじ」は、万葉の時代から「錦」(にしき)とされ、桜とともに愛されてきた草花です。

女性の手にしっくりくるサイズと重さ

当窯元の女性職人が手に持った写真です。小さめの女性に手にもしっくりくる小ぶりのサイズ。

また、軽すぎる茶碗は、割れやすく安っぽい印象も与えます。適度に重みをもたせることで、茶碗の質感と茶をたてるときの安定感がでます。

お茶がたてやすく、使い勝手もよい

茶碗正面がわかりやすい

抹茶碗青楓にカワセミのサイズの画像

サイズは、直径が約11.5cm。高さ約8cm。抹茶碗の標準サイズの4寸(12cm)より少し小さめです。重さは約200g。茶碗に少し重みをもたせることで高級な質感となります。

「茶だまり」もしっかり

「茶だまり」がしっかりとあります。飲み残しの茶が茶だまりに集まりキレイに見えます。

茶せんが振りやすい広さ

「100本立ての茶せん」でも、余裕のある見込み(内側)のサイズ。茶せんを振りやすいので、しっかりと美味しい茶をたてられます。

飲み口は「玉縁」で欠けにくい

「玉縁」(たまぶち)とは、飲み口を丸く、少し厚みをもたせて仕上げることです。飲み口が欠けにくくなります。

汚れにくい高台

「うわぐすり」がない茶碗裏側の「土見せ」にも、薄くうわぐすりを塗って焼成。汚れにくくなっています。

持ちやすく安定する高台

お湯を捨てるときにも、持ちやすく、とり落とす心配がありません。不安定な畳でも安定します。

三代目・城岳作の陶印

陶印は、清水焼発祥の地・京都の五条坂(ごじょうさか)で茶道具を専門に作る三代「城岳」(じょうがく)となります。

木箱(桐箱)とダンボールで梱包もしっかり

桐箱付き

箱書きをした桐箱の画像
桐箱に墨で箱書きいたします。

桐箱には、抹茶碗の作品名と作者名。そして当窯元の印を押し納品いたします。

茶碗を厚手のウレタンで包む

茶碗を厚手のウレタンでしっかり梱包。

茶碗は、厚手のウレタンでしっかりと梱包のうえ、木箱におさめます。

木箱をしっかり梱包

商品を梱包するダンボールの画像
桐箱を厚手のダンボールで保護。

茶碗を厚手のウレタンで包み、桐箱に入れます。さらに厚手のダンボールに入れて発送します。ウレタン木箱そして、ダンボールの3重に梱包しております。

会話にうれしい”しおり”

茶碗の言われのしおりの画像
作品の言われの説明した”しおり”付き

商品に添付のしおりです。作者の略歴や、茶碗の由緒、そして絵柄の説明をしております。茶会やご友人との会話にご利用ください。

清水焼の伝統技術でつくる

職人がていねいに絵付け

当窯元の熟練の職人が清水焼の伝統技術で青楓の葉のひとつひとつまで、ていねいに絵付けします。

全行程が手作業

茶碗の成形も、もちろん職人の手づくり。茶道具専門の職人が、茶碗の全工程を手作業で仕上げます。

七宝つなぎの縁起よい文様と、松竹梅と四季の草花。年中使える茶碗

縁起のよい文様と絵柄が1つの茶碗にギュッとつまった抹茶碗。あなた自身の健康はもちろん、家族の繁栄とつながりのある人の幸せの願う茶碗。
お茶をいただくたびに、ご縁の大切さを思いださせる抹茶碗となります。
当窯元の代表者の画像
当窯元代表の「橋本てつじ」です。
現代は、インターネットやSNSで人とのつながりは多くなっています。
しかし、自分自身との対話や本当の深いつながりは減ってきているように感じられます。
この茶碗をお使いになるたびに、大切なご縁を感じていただければと思い作りました。
商品名抹茶碗 仁清写 
四季七宝繋ぎ 城岳作 
価格11,000円(税込み)
作家名橋本城岳
サイズ口径/約11.5cm 
高さ/約8cm
重さ約200g
家電対応食洗機/不可 
電子レンジ/不可
梱包桐箱
注意点※ 若干のサイズ・絵の色の濃淡やがございます。 商品はひとつひとつ手作りです。手作りの風合いとして、お楽しみください。
※非常に微細な鉄粉(黒い点)やピンホール(透明な点)ががまれに出ます。天然の素材を使用しているため、非常に微細なものは残る場合が、ございます。ただし、大きなものは検品の際に排除しております。

※この抹茶碗は、店頭価格では2万円以上の抹茶碗となります。当サイトでは、中間手数料なしの窯元の直売価格でのご提供となります。

また、職人のひとつひとつ手づくりのため、在庫数に限りがございます。在庫切れの場合は、製造にお時間がかかります。ご注文は、お早めにお願いいたします。

再入荷についてのお問い合わせは、この商品ページの最下段の「ライン・メールお問い合わせフォーム」よりご連絡ください。

ライン・FAX注文のご案内

ご注文は、インターネットのオンライン注文が最優先となります。しかし、「ライン・FAX」でのご注文も大歓迎いたします。

ライン・FAX注文のお支払いの「銀行振込み」のみとなります。

ライン・FAXでのご注文は、以下のボタンを押してください。ご案内のページへ移動します。

抹茶碗 仁清写 四季七宝つなぎ 城岳作 11,000円(税込)

大口注文は、お問い合わせください

5個以上ご注文や小売店さまの卸売りは、次のお問い合わせボタンよりご連絡ください。

上記以外の商品についてや商品の再入荷なども、お気軽にご連絡ください。

以下のボタンを押すと、お問い合わせのご案内ページへ移動します。