抹茶碗 扇面四季草花 橋本城岳作 京焼の色絵の通年もの抹茶碗

せんめん・しきそうか じょうがくさく

18000円(木箱入り・税込)

日本の美しい四季を茶碗に

今回ご紹介するのは、四季折々の草花を丁寧にえがいた一碗。

美しい四季の風景が、あなたの心を癒やします。また季節を問わずに年中お使いいただける茶碗となります。

桜や梅、紅葉に秋草・・・日本の四季を彩る抹茶碗で季節の移りかわりを楽しむ

日本人に欠かせない「扇」

扇面(せんめん)とは、扇(おうぎ)の表面のことです。

扇は、平安時代に、夏に風をあおぐための道具として生まれました。それ以前の扇は、メモ帳として使われていたようです。

また、扇は風をあおぐ以外にも、貴族の礼儀や贈りものなどのコミュニケーションの道具して用いられました。

たとえば、扇に和歌や絵を書いて送ったり、花をのせて贈ったりなどです。

その後、扇子は芸能、たとえば歌舞伎や狂言におどり、さらには落語、また遊び道具としても日本人にとってなくてはならないものとなりました。

扇は、芸能や礼儀の道具として日本人には欠かせない道具

また、庶民にとっても日常や冠婚葬祭での持ちものの1つとなりました。茶道でも、扇子は「おじぎ」をする際に必ず使います。

今回ご紹介する抹茶碗は、そんな日本人には欠かせない道具である扇子のなかに、四季折々の草花を描いた茶碗となります。

抹茶碗 扇面四季草花 12,000円(税込)

末広がりの扇の中に、四季の草花を描く

※パソコンでご覧の方は、クリックで画像拡大します。

すべて職人の手描き

茶碗正面の絵柄です。絵付けは、すべて職人の手描きとなります。熟練の技で、花のひとつ葉のひとままで、ていねいに描いております。また、扇は末広がりで縁起よいものとなります。

年中使える四季折々の花の茶碗

正面の左手には、桜とアヤメ。春をいろどる草花を扇面のなかに描きます。茶碗の全面に四季折々の草花を描いています。そのため、一年を通してお使いいただけます。

茶碗の左には水仙の花

正面から、さらに左へ回ると冬の花「水仙」(すいせん)の白い花。水仙の名の由来は、水辺に咲く仙人をたとえたと言われています。

扇をつなぐ帯には「唐草」

扇と扇をつなぐ、帯には「唐草」(からくさ)の文様。唐草のつるは、生命力がありどこまでも伸びてきます。唐草は長寿を意味する吉祥文様として使われます。

茶碗の後ろには、晩秋の紅葉

茶碗の後ろには、紅と金でもみじの絵。万葉の時代から和歌に歌われます。紅葉を見る習慣は、平安のころの風流からはじまったとされています。

中秋の菊から晩秋の紅葉へ

茶碗の正面右手にまわると、中秋の菊・萩から唐草の帯でつなぎ、茶碗後ろの晩秋の赤く色づく紅葉へと変わります。

菊と萩で中秋の風流を描く

茶碗正面の右手には、菊花と萩(はぎ)。中秋の風景となります。菊は秋に他の花が枯れるなか花ひらく強さ。萩は秋の七草のひとつ。万葉の時代から愛される草花となります。

内側には梅と紅葉の紅がいろどる

茶碗正面の向こうの内側には梅と紅葉の紅が茶碗をいろどります。梅は、冬から早春に咲く花。他の春の花と競わないず寒さの中で花をひらきます。そのため、梅は早い出世と争わない強さを意味します。

雲錦の文様

茶碗の後ろから見ると、「雲錦」(うんきん)の絵となります。雲錦とは、桜と紅葉を共に描くこと。錦のように美しい紅葉、空に広がる雲のよう美しく消えてゆく桜を「雲錦」とたとえます。。

深い色あいの「京絵の具」

茶碗正面の拡大図です。「京絵の具」を用いて、桜はピンク、アヤメは右が紫、左が紺青で色づけしております。京絵の具は、深い色あいが特徴の絵の具です。

「京絵の具」で立体感がある絵

茶碗正面の右手の菊と萩(はぎ)の拡大図。菊は「京絵の具」の黄色と白、萩は、和青(わあお)。草花を盛りあげるうように描いております。

伝統のベンガラの紅色

もみじは、紅ガラ(べんがら)と言われる伝統的な赤にて色づけ。金の紅葉は、葉のスジやりんかくを盛り上げる「盛金」の技法で描いています。

女性の手にしっくりくるサイズと重さ

当窯元の女性職人が手に持った写真です。小さめの女性に手にもしっくりくる小ぶりのサイズ。

また、軽すぎる茶碗は、割れやすく安っぽい印象も与えます。適度に重みをもたせることで、茶碗の質感と茶をたてるときの安定感がでます。

お茶がたてやすく、使い勝手もよい

茶碗正面がわかりやすい

サイズは、直径が約11.5cm。高さ約8cm。抹茶碗の標準サイズの4寸(12cm)より少し小さめです。重さは約200g。茶碗に少し重みをもたせることで高級な質感となります。

「茶だまり」もしっかり

「茶だまり」がしっかりとあります。飲み残しの茶が茶だまりに集まりキレイに見えます。

茶せんが振りやすい広さ

「100本立ての茶せん」でも、余裕のある見込み(内側)のサイズ。茶せんを振りやすいので、しっかりと美味しい茶をたてられます。

飲み口は「玉縁」で欠けにくい

「玉縁」(たまぶち)とは、飲み口を丸く、少し厚みをもたせて仕上げることです。飲み口が欠けにくくなります。

汚れにくい高台

「うわぐすり」がない茶碗裏側の「土見せ」にも、薄くうわぐすりを塗って焼成。汚れにくくなっています。 ※完全に汚れを防ぐものではありません。

持ちやすく安定する高台

お湯を捨てるときにも、持ちやすく、とり落とす心配がありません。不安定な畳でも安定します。

三代目・城岳作の陶印

陶印は、清水焼発祥の地・京都の五条坂(ごじょうさか)で茶道具を専門に作る三代「城岳」(じょうがく)となります。

梱包も大切なしごと

私たちは、梱包も大切なしごとだと考えております。

別途1500円(税込)

ご購入画面にて「木箱」をご選択ください。

桐箱

箱書きをした桐箱の画像
桐箱に墨で箱書きいたします。

桐箱には、抹茶碗の作品名と作者名。そして当窯元の印を押し納品いたします。

厚手のウレタンで包む

茶碗を厚手のウレタンでしっかり梱包。

茶碗は、厚手のウレタンでしっかりと梱包のうえ、木箱におさめます。

木箱をしっかり梱包

商品を梱包するダンボールの画像
桐箱を厚手のダンボールで保護。

茶碗を厚手のウレタンで包み、桐箱に入れます。さらに厚手のダンボールに入れて発送します。ウレタン木箱そして、ダンボールの3重に梱包しております。

会話にうれしい”しおり”

茶碗の言われのしおりの画像
作品の言われの説明した”しおり”

商品に添付のしおりです。作者の略歴や、茶碗の由緒、そして絵柄の説明をしております。茶会やご友人との会話にご利用ください。

別途1500円(税込)

ご購入画面にて「木箱」をご選択ください。

ギフトボックスにつきましての見出し画像

ギフトボックスと熨斗(のし)につきましては、以下のように承ります。

ギフトボックス

・ギフトボックス価格

 別途500円(税込)

・熨斗(のし)無料

 熨斗の種類・お名前は、ご購入画面の下部「備考欄」にご記入ください。

・手書きメッセージカード無料

 メッセージ(20文字程度)は、ご購入画面下部の「備考欄」にお書きください。

・手さげ紙袋付き

※ご購入画面にて「ギフトボックス」をご選択ください。

木箱入りの商品のギフトボックスは、木箱を化粧箱のギフトボックスに納めて発送いたします。

和紙を貼った紅白の「化粧箱」となっております。

紅白の化粧箱には、「梅結び」と言われる、水引をあしらっております。

抹茶碗セットご自宅用のギフトボックスのし無しの画像
ギフトボックス木箱入りの「のし無し」
抹茶碗セットご自宅用のギフトボックスののし有りの画像
ギフトボックス木箱入りの「のし有り」

熨斗は無料

熨斗(のし)は無料となります。

熨斗(のし)の種類やお名前・メッセージにつきましては、ご購入画面の下部「備考欄」にご記入ください。

配送につきまして

配送につきましては以下の写真のように、ギフトボックスを「ウレタンとダンボールの外箱」に納めて発送いたします。

ギフトボックスを外箱で保護。
ギフト用の手さげ紙袋の画像
ロゴ入り手さげ袋が付いています。
京焼清水焼の認定シール付き

ギフトボックスには、当窯元のロゴマーク入りの「手さげの紙袋」が付属しております。

贈る方に、ご持参する場合はご利用ください。

また、ギフトボックスには、正式な組合員だけに与えられる「京焼・清水焼の認定シール」が貼付されております。

職人の技でつくるの見出し画像

当窯元の抹茶碗は、全ての工程が手作りとなっております。

茶碗の成形は、熟練の職人による「ろくろ成形」です。絵付けは、ひとつひとつ丁寧に手作業で絵付けしていきます。

何度も色を塗り焼きつける

職人が何度も、色を塗り重ね、金のラインをさし、ひとつの茶碗がようやく完成します。

紅葉の葉に金で葉脈をいれる。
桜の花びらにも金で縁どり。
何度も色を塗り重ね完成する。

当窯元の実績

当窯元は、創業から約80年、京焼・清水焼の茶道具を作りつづけております。

また、京都府陶磁器協同組合に正式に所属する窯元となります。

安心してお買い求めください。

京都府陶磁器協同組合

京都府 陶磁器 協同組合所属

当窯元は、京都府陶磁器協同組合に所属。京都で最も由緒と歴史ある組合となります。

創業70余年の茶道具窯元

京都で創業80余年。茶道具専門の窯元

京都で創業80年、京焼・清水焼の茶道具を専門につくり続ける。城岳(じょうがく)・紫雲(しうん)・永豊(えいほう)の銘を頂いております。

当窯元は成形・絵付け・窯焼き・発送、すべての工程をおこなっております。

おかげさまで創業より70年以上、多くのお取引さまよりご愛顧をいただいております。

高島屋京都店さま

高島屋京都店の美術部での展示会

作品の審査基準が、厳しい高島屋京都店美術部にて展示会を開催させていただいております。

大丸京都店さま

大丸京都店での展示会

大丸京都店様は、祖父の代より、お取引をして頂いております。

京都伊勢丹さま

京都伊勢丹での展示会

京都伊勢丹様にて、展示会を開催させていただきました。

当サイトでは、窯元からの直売となっております。

そのため、清水焼の手づくりの茶道具をリーズナブルな価格でお買いもとめいただけます。

窯元の直売だから中間流通手数料が無料。市場価格のおよそ「半額」で購入できます。

その理由は、中間流通手数料が無料だからです。

同じ品質の製品であれば、 店頭価格のおよそ半額にて、あなたもご購入いただけます。

当窯元の茶道具の製造および発送には、万全の注意を払っております。

しかし、万が一配送などのトラブルでの不良品がございましたら、速やかにご連絡ください。すぐに商品を交換させていただきます。(※返送料は無料)

また、不良品以外でも、

  • 商品が気に入らなかった
  • 思っていたものとちがう

そんなときにも、ご連絡ください。

商品の代金を全額を返金させていただきます。(※返送料のみお客さまのご負担)

お支払い方法は、以下のように用意しております。

オススメのお支払い方法は、「クレジットカード」もしくは、「アマゾンペイ」となっております。

お支払い方法

・クレジットカード

自動入力補助と会員登録で次回からご入力不要

・アマゾンペイ

お客様のアマゾンアカウントで簡単にご購入いただけます。

・銀行振込み

お近くのATMやネットバンキングでお支払い。

・後払い

商品が届いてから、郵便局・銀行・コンビニにてお支払いいただけます。

日本の美しい四季を茶碗で楽しむ

四季折々の草花が、あなたの心を癒やします。また季節を問わずに年中お使いいただける茶碗となります。

扇は、末広がりのカタチで吉

当窯元の代表者の画像
当窯元代表の「橋本てつじ」です。

扇は、日本人には欠かせない道具のひとつです。あおぐことで暑さをやわらげるのは、もちろんです。

それ以外にも、礼儀や芸事にも広く用いられます。

また扇の末広がりのカタチは、縁起のよいものとなります。人生が、末広がりになるように、太く長く楽しんでもらいたいです。

また、日本には世界にも珍しい「四季」の移り変わりがございます。

この美しい四季の移りかわりを、楽しまなければ、もったいないと思います。

商品名抹茶碗
仁清写 
扇面
四季草花 
価格18000円(税込)
作家名橋本城岳作
サイズ口径/約11.5cm 
高さ/約8cm
重さ約200g
家電対応食洗機/不可 
電子レンジ/不可
梱包木箱入り(桐箱)
注意点※商品はひとつひとつ手作りですが、色の濃淡やサイズのちがいは、ほぼございません。
※鉄粉(黒い点)やピンホール(透明な点)があるものは、一切排除しております。
万が一お気に召さない場合は、返金保証や交換の対象とさせていただきます。

当窯元の製品は、工房直売ため、とてもリーズナブルな価格となっております。

ただし、手づくりのため大量生産はいたしかねます

在庫切れの場合、製作にはかなりのお時間をいただかねばなりません。

とくに、「季節もの」の商品は、来年まで再生産できない場合もございます。

そのため、ご注文はお早めにお願いもうしあげます。

ライン・FAX注文のご案内

ご注文は、インターネットのオンライン注文が最優先となります。しかし、「ライン・FAX」でのご注文も大歓迎いたします。

ライン・FAX注文のお支払いの「銀行振込み」のみとなります。

ライン・FAXでのご注文は、以下のボタンを押してください。ご案内のページへ移動します。

抹茶碗 扇面四季草花 18000円(税込)

大口注文(同一商品5個以上ご注文)につきましては割引価格を適用いたします。

以下のメールまたは、ラインにてお問い合わせください。

  • オリジナル作品の製作
  • 商品の再入荷について
  • そのほか何でも

お気軽にご連絡ください。

以下のボタンを押すと、お問い合わせのご案内ページへ移動します。