抹茶碗 あまびえに海松貝 城岳作 身も心も健康を祈る茶碗

(あまびえにみるがい・じょうがくさく)

11,000円(木箱入り・税込)

この作品は、「売り切れ」となっております。

ご予約・ご質問につきましては、

以下のメールから、何でもお気軽にお問い合わせください。

「あまびえさま」は、日本に伝わる妖怪です。

「あまびえさま」は、海の中から、光をかがやかせて「豊作」や「病気」の予言をしたと言われています。

以下の画像は、江戸時代後期に作られた「かわら版」に、アマビエの絵と文が書かれたものとなります。

アマビエ 弘化3年4月中旬(1846年 江戸時代後期)刊行。
木版画。京都大学附属図書館収蔵
京都大学貴重資料デジタルアーカイブ より引用

このアマビエの「かわら版」は、以下のように書かれております。

肥後国(ひごのくに・熊本県)で、夜ごと海に光り物がおこったため、

役人がおもむいたところ、アマビエと名のるものが出現した。

役人にたいして、

「当年より、 6カ年の間は諸国で豊作が続く。」

「しかし、同時に疫病(えきびょう)が流行する」

「私(アマビエ)の姿を描きうつした絵を人々に早々と見せよ。」

と予言めいたことを告げ、海の中へ帰ってい行ったとされる。

アマビエを目撃した役人が、その場でアマビエの姿を描き写した。

かわら版の絵は、その「写し」(コピー)であると記載されている。

また、アマビエは、「尼彦」(アマビコ)や「海彦」(アマビコ)とも呼ばれています。

肥後の国(ひごのくに・熊本県)で目撃された例が、もっとも多いとされています。

江戸時代は、今のように医学が発達していませんでした。

そのため、流行りの病から自分や家族を守るために、アマビエさまの絵を「お守り」としたそうです。

今回ご紹介するのは、疫病の守り神「アマビエさま」に「海松貝」の文様をあしらった茶碗となります。

抹茶碗あまびえの正面イメージ画像
海の青海波からお姿をあらわす「あまびえさま」。そして海の松といわれる、おめでたい「海松貝」をあしらった抹茶碗。

海松は、海草のことで、「水松」(みる)とも書きます。

海の松に貝の絵をあしらったものを「海松貝」(みるがい)と呼ばれます。

「海の松」ということで、おめでたい茶席にも用いられます。

抹茶碗あまびえと抹茶碗とあまびえの和菓子の画像
あまびえさまと海松貝の茶碗で。抹茶と美味しい和菓子を。身も心も幸せを願っていただきましょう。

流行り病の守り神「アマビエさま」と、おめでたい「海松貝」の茶碗、そしてお抹茶と。

身も心も健康への願いをこめて、お茶の時間をお楽しみください。

抹茶碗あまびえの正面の絵柄の画像
茶碗正面:「青海波」から、お姿をあらわす「あまびえさま」

茶碗の正面に、青海波(せいがいは)の海から姿をあらわす「あまびえさま」に、「海松貝」をあしらった茶碗となります。

抹茶碗あまびえの左側の絵の画像
茶碗左:永遠につづく波「青海波」は幸せの文様

青海波(せいがいは)は、海をあらわす文様。永遠に波がつづく様子から「永久につづく幸せ」 の意味がこめられます。

抹茶碗あまびえの左後ろの貝殻の絵の画像
茶碗うしろ:ホタテ貝は、海の扇と呼ばれる。

茶碗のうしろ側には、ホタテ貝。赤に金の模様で彩り、紺色で水松を表現しています。ホタテ貝は、扇にカタチが似ているため「海扇」(ほたてがい)とも呼ばれます。

抹茶碗あまびえの右後ろの青い貝殻と海松貝の画像
茶碗左:青と緑の色鮮やかな「水松」と「ホタテ貝」

茶碗の右うしろには、緑の鮮やかなの「水松」(みるがい)。そして「海の扇」と言われるホタテ貝を紺・緑・白で絵付けしております。

抹茶碗あまびえの右側の絵の画像
茶碗右:青海波と海扇を意味するホタテ貝

茶碗の右側にも、永遠に続く波が幸せを表す「青海波」を。そして「海扇」と呼ばれるホタテ貝を鮮やかな色で絵付け。

抹茶碗あまびえを上から見た画像
茶碗内側:「はまぐり」に水色との貝ガラを

茶碗の内側の底の部分には、金で縁どった水色と赤で「海の貝」をあしらいます。

抹茶碗あまびえの正面のあまびえの絵の拡大画像
ウロコやヒレもひとつひとつ丁寧に

茶碗正面の「あまびえさま」。クチバシを持つお顔。お体のウロコや足ヒレのひとつひとつまで丁寧にえがいております。

抹茶碗あまびえの右側の貝殻と青海波の絵の拡大画像
色とりどりの「海松貝」をあしらう

青海波の文様は、水色を金で縁どり、海のみずみずしさを表します。その横には、華やかな色で「海松貝」をあしらいます。

抹茶碗あまびえの内側の絵の拡大画像
細かく丁寧に絵付けした「はまぐり」

茶碗内側の向う正面には、大きな「はまぐり」を。はまぐりは、「春の季語」でもあります。平安時代には、「貝合せ」というカルタ遊びにも使われました。

抹茶碗あまびえの裏側の画像
茶陶に使われる白い「仁清土」。職人の削りあとも。

土見せは、白い仁清土(にんせいつち)。江戸時代から茶陶の土として用いられています。高台には、職人の削りあとがうっすら美しくついています。。

抹茶碗あまびえの陶印と高台の拡大画像
京焼窯元 三代目 「橋本城岳」(じょうがく)作

創業70余年。茶道具専門の窯元「橋本城岳」(じょうがく)作の陶印を押す。

抹茶碗あまびえの内側の絵の画像
はんなりとした色合いの「京絵の具」。海からお姿をあらわす「あまびえさま」描く。

「京絵の具」は、色に透明感と深みがあります。

京絵の具は、プリントなどの絵付けとちがい、厚みがあり立体感がございます。

伝統の「京絵の具」を用いて、青海波の海からお姿をあらわす「あまびえさま」をはんなりとた色使いで描いています。

抹茶碗あまびえのサイズの画像
口径11.5cm×高さ8cm

サイズは、口径11.5センチ。高さが8センチとなります。標準サイズの抹茶碗より、女性に手にもしっくりくるサイズとなります。

抹茶碗あまびえと茶せんの画像
茶せんを振りやすい広めの「見込み」

「見込み」(みこみ)とは、茶碗の内側の底の部分。ここが広く作ることで、「茶せん」を振りやすく茶を立てやすい作りとなっています。

抹茶碗あまびえと抹茶の画像
美味しい茶を点てやすい

しっかりと泡立ったクリーミーで美味しい抹茶を点てることができるでしょう。

抹茶碗あまびえの飲み口の口造りの画像
口造りは、「丸縁」(まるぶち)

飲み口の「口造り」は、「丸縁」(まるふち)。飲み口だけが、丸く少し厚みがあります。飲み口を欠けにくくするための伝統的な技法です。

抹茶碗あまびえを茶巾で清める画像
茶碗の正面がわかりやすい

亭主をつとめるとき、茶碗を清めるさいにも内側の絵が目印となり、茶碗正面がわかりやすくなっています。緊張する茶事や茶会でも、正面をまちがいません。

当窯元の女性職人が手に持った写真です。小さめの女性に手にもしっくりくる小ぶりのサイズ。

抹茶碗あまびえを女性が両手で持つ画像
当窯元の女性職人が手にもったところです。女性の手にしっくりくるサイズとカタチ。

当窯元の抹茶碗は、全ての工程が「清水焼熟練の職人の手作り」となっております。

職人が茶碗のロクロ成形をしている画像
熟練の職人による「ろくろ成形」

茶碗の成形は、熟練の職人による「ろくろ成形」で、すべて手づくりで製作しております。

1250度の高温で茶碗を本焼きする。

本焼きとは、窯で1250度の高温で茶碗を焼くことです。陶芸は、「土と炎の芸術」と呼ばれるゆえんです。

抹茶碗あまびえを墨で下描きしている画像
墨で丁寧に下描きをはじめる

下描きは、墨(すみ)で行います。下描きから職人の手描きでしっかりと描いていきます。

抹茶碗あまびえに色を絵付けしている画像
金で、「あまびえさま」や「青海波」のりんかくを描く

「金」をもちいて「あまびえさま」や「青海波」のりんかくをひとつひとつ丁寧に描いていきます。

抹茶碗あまびえの顔を絵付けしている画像
あまびえさまのお顔やウロコに色を細かく入れてゆく

金でりんかくを描いたら、色を入れていきます。伝統の京絵の具をもちいた色さし作業で、「あまびえさま」の目もクッキリと絵付けしていきます。

抹茶碗あまびえの内側の貝殻を絵付けしている画像
貝がらの模様のひとつひとつに色をさす職人の技

「はまぐり」の貝がらの細かいスキマに職人の技で、絵の具を塗るのは、とても手間のかかる作業です。

抹茶碗を錦窯で焼いている画像 
錦のように絵が浮かぶことで「錦窯」と呼ばれる。

色をいれたら、「錦窯」(にしきがま)で、絵を焼きつけます。窯からだすと絵が錦のように浮かびあがることから「錦窯」と呼ばれます。

抹茶碗あまびえの足ヒレの金描きをしている画像
色を上から、さらに金で細かくウロコななどの文様をいれる

焼きつけた色の上から、さらに金で細かく絵付けします。ここでは、あまびえさまの「足ヒレ」のウロコやヒレを金で模様をいれています。

抹茶碗あまびえの貝殻を金描きしている画像
青のホタテにも、金で文様をいれてゆく

ホタテ貝の紺や緑の絵の具の上から、金をもちいて模様を描きます。色の上からの金描きにより、京焼の特徴である華やかな絵柄となります。

抹茶碗を錦窯で焼く画像
合計4回目の窯での焼きで、ようやく茶碗が完成します

ふたたび、「錦窯」にて絵を焼き付けていきます。最初のロクロ成形から数えると、4回目の「窯での焼き」となります。

以上のような、さまざまな工程をへて、ようやく「抹茶碗 あまびささまに海松貝」の完成となります。

抹茶碗あまびえの正面イメージ画像
熟練の職人の手間ひまをかけて、ひとつの茶碗が完成

以上のように、多くの工程、そして職人の「手間ひま」をかけて、ようやくひとつの茶碗が完成します。

「アマビエさま」とは、疫病から人々を守る神です。

海の中から、光をかがやかせて「豊作」や「病気」の予言をしたと言われています。

抹茶碗あまびえで抹茶をいただく着物の女性の画像
「あまびえさま」の茶碗で、健康を祈り、ありがたく茶をいただく

江戸時代には、流行りの病から自分や家族を守るために「アマビエ」の絵をお守りとしたそうです。

また、海松は、海草のことで、「水松」(みる)とも書きます。

海の松に貝の絵をあしらったものを「海松貝」(みるがい)と呼ばれます。

「海の松」ということで、おめでたい茶席にも用いられます。

抹茶碗あまびえと抹茶碗とあまびえの和菓子の画像
海の松である「海松貝」(みるがい)の絵柄は、おめでたいお茶席にも

流行り病の守り神「アマビエさま」と、おめでたい「海松貝」の茶碗、そしてお抹茶と。

身も心も健康になりますように、お茶の時間をお楽しみください。

抹茶碗鳥獣戯画のロクロ成形の画像
当窯元代表の「橋本てつじ」です。

古来より人々は、流行り病や疫病に悩まされてきました。

奈良時代には、「天然痘」(てんねんとう)という病が流行り、その後もコロリと呼ばれた「コレラ」が流行し、人々を苦しめました。

そして、今はまた「新型コロナウイルス」が流行しております。

今も昔もかわらぬ健康への祈り。

そんな祈りの気持ちをこめて「抹茶碗 あまびえさまに海松貝」の製作をいたしました。

商品名抹茶碗
あまびえさま
価格11,000円(税込)
作家名橋本城岳 作
(はしもと・じょうがく)
サイズ口径/約11.5cm 
高さ/約8cm
重さ約220g
家電対応食洗機/不可 
電子レンジ/不可
梱包木箱(桐箱)
注意点※ 若干のサイズ・絵の色の濃淡やがございます。 商品はひとつひとつ手作りです。手作りの風合いとして、お楽しみください。
※非常に微細な鉄粉(黒い点)やピンホール(透明な点)ががまれに出ます。天然の素材を使用しているため、非常に微細なものは残る場合が、ございます。ただし、大きなものは検品の際に排除しております。

私たちは、商品の梱包も大切なしごとだと考えております。

桐箱入り

箱書きをした桐箱の画像
桐箱に墨で箱書きいたします。

桐箱には、抹茶碗の作品名と作者名。そして当窯元の印を押し納品いたします。

厚手のウレタンで包む

茶碗を厚手のウレタンでしっかり梱包。

茶碗は、厚手のウレタンでしっかりと梱包のうえ、木箱におさめます。

木箱をしっかり梱包

商品を梱包するダンボールの画像
桐箱を厚手のダンボールで保護。

茶碗を厚手のウレタンで包み、桐箱に入れます。さらに厚手のダンボールに入れて発送します。ウレタン木箱そして、ダンボールの3重に梱包しております。

会話にうれしい”しおり”

茶碗の言われのしおりの画像
作品の言われの説明した”しおり”付き

商品に添付のしおりです。作者の略歴や、茶碗の由緒、そして絵柄の説明をしております。茶会やご友人との会話にご利用ください。

ギフトボックスにつきましての見出し画像

木箱入りの商品の「ギフトボックスと熨斗(のし)」につきましては、以下のように承ります。

ギフトボックス
(木箱入り商品)

・ギフトボックス価格

 別途300円

・熨斗(のし)

 無料

・手書きメッセージカード無料

・手さげ紙袋付き

木箱入りの商品のギフトボックスは、木箱をギフトボックスに納めて発送いたします。

和紙を貼った紅白の「化粧箱」となっております。

紅白の化粧箱には、「梅結び」と言われる、水引をあしらっております。

抹茶碗セットご自宅用のギフトボックスのし無しの画像
ギフトボックス木箱入りの「のし無し」
抹茶碗セットご自宅用のギフトボックスののし有りの画像
ギフトボックス木箱入りの「のし有り」

また、熨斗(のし)は無料となります。

熨斗(のし)の種類やお名前につきましては、ご注文画面にて選択とご入力ができるようになっております。

配送につきましては以下の写真のように、ギフトボックスを「ウレタンとダンボールの外箱」に納めて発送いたします。

ギフトボックスを外箱で保護。
ギフト用の手さげ紙袋の画像
ロゴ入り手さげ袋が付いています。

京焼清水焼の認定シール付き

ギフトボックスには、当窯元のロゴマーク入りの「手さげの紙袋」が付属しております。

贈る方に、ご持参する場合はご利用ください。

また、ギフトボックスには、正式な組合員だけに与えられる「京焼・清水焼の認定シール」が貼付されております。

ご注文は、お早めに

当窯元の製品は、工房直売ため、とてもリーズナブルな価格となっております。

ただし、手づくりのため大量生産はいたしかねます

在庫切れの場合、

製作にはかなりのお時間を

いただかねばなりません。

とくに、「季節もの」の商品は、来年まで再生産できない場合もございます。

そのため、ご注文はお早めにお願いもうしあげます。

ライン・FAX注文

ご注文は、インターネットのオンライン注文が最優先となります。しかし、「ライン・FAX」でのご注文も大歓迎いたします。

ライン・FAX注文のお支払いの「銀行振込み」のみとなります。

ライン・FAXでのご注文は、以下のボタンを押してください。ご案内のページへ移動します。

抹茶碗あまびえの正面イメージ画像
抹茶碗 あまびえさま 橋本城岳作 11,000円(木箱入り・税込)

大口注文は10%割引

同一の商品を5個以上をご注文の際は、商品価格の10%割引にて販売させていただきます。

その場合は、以下のメールまたは、ラインにてお問い合わせください。

また、

  • オリジナルの作品の製作
  • 商品の再入荷について
  • そのほか何でも

お気軽にご連絡ください。

以下のボタンを押すと、お問い合わせのご案内ページへ移動します。