抹茶碗 御本手 桜にめじろ 春を楽しむ温かみある可愛い桜と小鳥の茶碗

(さいりゅう さくらにめじろ)

紙箱入り 4,500円(税込)

春を告げるメジロと桜

メジロは、文字とおり「目が白くて」かわいい野鳥です。

春になると「桜の花の蜜」を吸うために集まってきます。 「チーチチチチ・・・」という可愛い鳴き声を発します。

メジロは、その愛らしい歌声で春本番の到来をつげてくれます。

美しく咲いた「桜や梅の花々」にも一緒にいる姿を見ることができるでしょう。

「チーチチチチ・・・」と可愛い歌声で、春を告げるメジロと桜。

このメジロは、とても季節感のある 「花鳥風月」を感じられる鳥です。

なぜならば、メジロは春になると桜の花の蜜を吸いにやってきます。そして桜の季節を過ぎ、暑い夏になると涼しい山へと引っ越していくからです。

そして、秋になると「柿の実」を食べるために、また帰ってきます。

春の温かみを感じる茶碗

今回、ご紹介する茶碗は、そんな季節感のある可愛い小鳥の「めじろと桜」を描いた春らしい茶碗です。

桜とメジロ、そして御本手の暖かい色あいの春の茶碗

クリームがかった白の地のに、「御本手」(ごほんて)のうっすら紅色が浮かぶ暖かい色合い。。そこに、はなやかな「ピンクと白の桜」、そして2羽の「可愛らしいメジロ」。

春らしくあたたかみある、そして優しい色合い。

ホンワカとした暖かい気持ちに癒やされる。そんな一碗となっております。

春のおとずれを茶で楽しむ

やさしい色合いに、可愛いメジロと桜の茶碗で抹茶をいただくと、あなたの気持ちもきっと癒やされるでしょう。

やさしい桜とかわいいメジロ、あたたかい色目の茶碗でお客さまをもてなす。

普段使いにはモチロンのこと、お茶会でも楽しい時間をお過ごしください。

おいしい抹茶と和菓子をいただき、春の訪れをよろこびましょう。

色目が、淡くクリームがかかった白にうっすら紅色が浮かぶ茶碗。

まだ寒さの残る春にお使いになるのにピッタリです。

お茶の飲むときだけでなく、棚にしまってあるときも、「飾っておいても可愛い茶碗」となっています。

商品詳細

※パソコンでご覧の方は、クリックで画像拡大します。

春を感じる色目に桜とメジロ

淡い地の色に、華やかなピンクとかわいいメジロ。

クリームがかった白にうっすらと紅色の地の御本手(ごほんて)。そこに華やかなピンクと白の桜、そして可愛らしいメジロを描いた茶碗となります。全体が優しい色目で、春を感じる茶碗となります。

春らしい雰囲気を演出

明るいグリーンでかわいいメジロを描く。

茶碗の左側。明るいグリーンでメジロを描いています。余白の部分には、金色で春の霞(かすみ)を絵付けしています。ふんわりとした優しい春の雰囲気を演出しています。

春のやさしい季節感

春らしい淡い色合いのコントラスト。

茶碗の右側。うっすらと紅色、そして金のカスミで春の雰囲気を演出。そこに明るいグリーンでメジロを描いています。春の季節感を感じながらお茶を楽しんてください

キララと呼ばれる雲母

「キララ」と言われる優しい雲母の金色。

茶碗の後ろ側。うっすらとした金色は、「雲母金」(うんもきん)。雲母金は、「キララ」と呼ばれる優しい色の金。 雲母と岩石に含まれる伝統的な絵の具顔料となります。

飲み干すと現れる花びら

茶を飲み干せば、ピンクを花びらが姿をみせる。

茶碗の内側も、淡いクリーム色に地に、御本手の紅色化うっすらと浮かびます。あたたかさを感じられます。茶を飲みほせば 茶碗の底に現れる 「ヒラヒラと散る花びら」を描いています。

抹茶のグリーンが映える

あたたかさを感じさせる土と御本手の色合い。

淡いクリーム色ががった白と抹茶を包みこむような紅色。暖かい気持ちで茶を頂けます。です。 また、SNS投稿でもあたたかさを演出できるでしょう。

伝統の「京絵の具」

伝統的な「京絵の具」で描く。

伝統的な「京絵の具」(きょうえのぐ)を用いて清水焼の職人が、桜とメジロを描いています。桜の花びらのひとつひとつ、そしてメジロをていねいに描きます。

手描きのやさしい風合い

いやされるような優しい色合い。

クリクリとした白い目のかわいい「メジロ」。ところどころにムラのある手描きの風合いと、あいまって、いやされるような優しい色目となっています。

茶碗内側にも描く

手間のかかる茶碗内側にも絵を付ける。

茶碗の内側にも桜の花と、若々しい青々として葉を描いています。茶碗内側に絵付けするのは手間がかかります。そのため、内側に絵がない茶碗も多くなっています。

ヒラヒラと舞い散る花びら

ヒラヒラと舞い散る花びらが、「少し寂しげな春」を演出。

茶碗全体に、桜の花びらを描いています。散る花びらが風に舞いヒラヒラと散る様子。桜の「はなやかさとサビしさ」を同時に感じさせてくれます。

使いやすさへのこだわり

正面がわかる

内側の絵で正面がわかりやすい。

「内側の桜の絵が目印」になり、茶碗を清めるときにも、正面がわかりやすくなっています。お客さまに出すときにも、正面を間ちがいません

欠けにくい飲み口

飲み口は、丸い「玉縁」で欠けにくい。

飲み口は「玉縁」(たまぶち)で仕あげ。丸く厚みがあるため、飲み口が欠けにくいい作りとなっています。。

茶せんを振りやすい

茶せんを振りやすいサイズ。

100本立ての茶せんでも、余裕のある茶碗内のサイズ。茶せんを振りやすく、美味しい茶をたてられます。お客さまにもよろんでもらえます。

美しく茶をたてやすい土

細かい貫入の土の素材で茶をたてやすい。

土の素材は「仁清土」(にんせいつち)。古くから抹茶碗の素材として使われてきました。美しい模様の「貫入」(かんにゅう・ヒビ模様)が特長です。見ために美しく、おいして茶をたてやすい素材だから長く使われてきたのです。

おいしい抹茶ができる

クリーミーで美味しい茶をたてやすい土の素材。

仁清土は、表面に貫入のある素材。そのため、茶せんがシャカシャカと振ることができます。そのため、クリーミーでおいしい抹茶ができあがります。

安定する高台

茶をたてるとき、しっかり安定する高台

安定感のあるゆがみのない高台。キッチリとした高台の仕あげで、畳やテーブルの上でも安定。肩の力をぬいて茶をたてられます。

作者名は「城岳」

「橋本城岳」(はしもと・じょうがく)作

作者名は、「城岳」(じょゔがく)。 清水焼の茶道具を専門に70年以上つくり続けております。

大きく見えて小ぶり

絵柄は大きく映えるが手におさまる。

サイズは、11.5cm×8cm。茶碗標準よりわずかに小さくなっています。 絵柄は大きく映えますが、茶碗の下部をわずかに絞り込んだのカタチで女性の手におさまります

女性の手にしっくり

手にとった感じは女性の手のひらサイズの茶碗です。

絵は大きく見え、女性の手にしっくりくるサイズ。

口径は抹茶碗の標準サイズから数ミリ小さめで、茶碗の下のほうを少ししぼりこんだカタチ。だから、

絵柄は大きく見えても、女性の手にしっくりくるサイズ感となります。

また、この茶碗は、適度な「厚み」と「重み」をもたせています。春は、「寒のもどり」があったり、まだまだ寒さの残る季節だからです。

そのため、茶が冷めにくいように厚みのあるザックリとした素材の土を採用しております。

土の中に「気泡」が多いタイプの素材で保温性が高く、厚みのわりに軽くかんじられる土の素材です。

抹茶碗の素材やカタチにも、「茶道具専門の窯元の経験」をいかしております。

商品詳細

商品名抹茶碗 御本手
桜にめじろ
(ごほんて
さくらにめじろ)
価格・紙箱入り(化粧箱)
 4,500円(税込)
作家名橋本城岳(じょうがく)
サイズ口径/約11.5cm 
高さ/約8cm

約220g
家電対応食洗機/不可❌
電子レンジ/不可❌
梱包紙箱入り(化粧箱)
注意点※ 商品はひとつひとつ手作りですが、色の濃淡やサイズのちがいは、ほぼございません。万が一お気に召さない場合は、返金保証や交換の対象とさせていただきます。
※鉄粉(黒い点)やピンホール(透明な点)があるものは、一切排除しております。

窯元の直売価格でご提供

当サイトでは、窯元からの直売となっております。

そのため、清水焼の手づくりの茶道具をリーズナブルな価格でお買いもとめいただけます。

窯元の直売だから中間流通手数料が無料。店頭価格のおよそ「半額」で購入できます。

その理由は、

中間流通手数料が無料

同じ品質の製品であれば、 店頭価格のおよそ半額にて、あなたもご購入いただけます。

茶道具専門に創業70余年

当窯元は、創業から70年以上、京焼・清水焼の茶道具を専門に作りつづけております。

また、京都府陶磁器協同組合・青年部(現・副会長)に正式に所属する窯元となります。

京都府陶磁器協同組合所属

当窯元の代表の私は、京都府陶磁器協同組合・青年部の副会長をつとめております。

茶道具の専門の窯元

京都で創業70年以上、京焼・清水焼の茶道具を専門につくり続けております。

当窯元は、成形そして絵付け、

窯での焼き、発送まで

すべての工程を

おこなっております。

清水焼の職人の手しごと

職人のろくろ成形

茶碗の成形は、茶道に詳しい熟練の職人。

茶碗の成形は、熟練職人のロクロ成形。ひとつひとつ丁寧にロクロで手づくりいたします。液体ではなく固形の土を使うため、強度が高い茶碗になります。割れにくく、また手作り独特のやさしいカタチの茶碗になるのです。

削りしあげで調整

茶碗の厚みや重さを手仕事で仕上げる。

ロクロ成形のあとは、削りしあげをします。茶碗の「厚み」や「重さ」を調整。ひとつひとつ丁寧に職人が削りあげていきます。茶碗を手にとったときにシックリくるものとなります

手描きの絵付け

絵付けもモチロン清水焼の職人の手描き。人の手で描かれるため、ムラが生まれ、そのため、手づくり感と面白味のある絵となります。 手作りのやさしい風合いの茶碗でお茶をお楽しみください

金描きでいろどる

「手描き」による、やさしい味のある絵。

絵付けをしたあと窯で焼きます。さらに二度目の絵付けをほどこします。「金」を使って桜の花のしべやメジロの羽を描いていきます。金描きにより、絵がさらに美しく艶やかになるのです。

抹茶碗づくりの熟練職人が

あなたの品物を

ひとつひとつ手づくりで

ていねいに仕あげます

当窯元の実績

おかげさまで創業より70年以上、多くのお取引さまよりご愛顧をいただいております。

高島屋京都店さま

高島屋京都店の美術部での展示会

大丸京都店さま

大丸京都店での展示会

京都伊勢丹さま

京都伊勢丹での展示会

梱包も大切なしごと

私たちは、梱包にも細心のご配慮をしております。

当商品の製造はもちろんのこと、梱包や発送にも万全の注意を払っております。

紙箱入り(化粧箱)

美しい化粧箱入り

化粧箱の画像
和紙を貼った美しい紙の化粧箱

箱の表面に和紙を貼った美しい「化粧箱」に入れてお届けします。箱も京都の職人の手づくりのものです。

ウレタンでしっかり包む

茶碗をウレタンに包んで化粧箱に入れた画像
厚手のウレタンで作品をしっかり包む

作品は、和紙と厚手のウレタンでしっかりと梱包。化粧箱のなかキッチリとおさめます。

ダンボール箱で2重梱包

ダンボールに入った化粧箱の画像

化粧箱の上からダンボール箱で梱包。2重の箱に入れます。破損の心配はございません。

茶碗の説明の「しおり」付

茶碗の言われのしおりの画像

「しおり」には、作者の略歴、作品の由来を説明しております。お客さまへのおもてなしにご利用ください。また、作品のお手入れ方法も解説。

ギフトボックスと熨斗について

ギフトのお代金

・熨斗(のし)

 無料

・ギフトボックス紙箱

 300円(税込)

・ギフトボックス木箱

 1,000円(税込)

・手さげ紙袋付属

 無料

ギフトボックス(のし無)

和紙の化粧箱のギフトボックス
(のし無)です。

ギフトボックス(のし有)

和紙の化粧箱のギフトボックス
(のし有)です。

ギフトボックス木箱

木箱は、「桐箱」となります。

熨斗の種類は、ご注文の入力にお選びいただけます。

おかげさまで当窯元では、

創業から70年以上、

一度も発送による破損は

ございません。

安心の返金保証

当窯元の茶道具の製造および発送には、万全の注意を払っております。

しかし、万が一配送などのトラブルでの不良品がございましたら、速やかにご連絡ください。すぐに商品を交換させていただきます。(※返送料は無料)

また、不良品以外でも、

  • 商品が気に入らなかった
  • 思っていたものとちがう

そんなときにも、ご連絡ください。

商品の代金を全額を返金させていただきます。(※返送料のみお客さまのご負担)

お支払いもカンタン

ご注文時のお支払いは、以下のさまざまな方法をご用意しております。

あなたのお好きなお支払い方法でお申し込みください。

お支払い方法

・クレジットカード(5%還元)

自動入力補助と会員登録で次回からご入力不要

・アマゾンペイ(5%還元)

アマゾンIDで最短2クリックでご注文完了!

・楽天ペイ

楽天スーパーポイントが使える貯まる!

・銀行振込み

お近くのATMやネットバンキングでお支払い。

・代引き

ご自宅でお支払いです。

・NP後払い

商品が届いてから郵便局・銀行・コンビニ・ラインペイにてお支払い。

手に持つ道具は、人の手で作られたもので・・・

手に持ってお使いになる道具は、人の手で作られたもので。

なぜなら、

職人は、茶碗を作るとき、

何十回も手にとるからです。

  • ロクロでつくるとき
  • 削りしあげをするときも
  • うわぐすりを塗るとき
  • 窯に入れるとき
  • 絵を付けときも
手に持つ道具は、人の手で作られたもので・・・

何十回も手にとって作業をするなかで、

人の手に使いやすい道具とは

「どんなものか?」

がわかってくるのです。

長く大切に使える

今の世の中は、大量生産そして大量消費の時代です。

しかし、あなたもお気に入りの手づくりのものは長く大切にお使いになるでしょう。

たしかに、手づくりのものは高価です。

ですが、人の手で作られたもの、「あなたのお気に入りのもの」は、

すこし値段が高くても

あなたも大切に長く

お使いではないですか?

抹茶碗御本手めじろをお茶の稽古で使っている画像
かわいい桜とメジロの茶碗でお客さまをおもてなし。

大切なお客さまへの

おもてなし

お稽古をする生徒さんへの

心づかい

あなたの自身のための

いやしの「お茶時間」

清水焼の手づくりのものを長く、そして大事にお使いいただければと思っております。

おかげさまで、当窯元の製品は多くの「お客さまの声」をいただき、

長く大切に使わせていただきます

とのうれしいお言葉をちょうだいしております。

桜は、日本人には特別

当窯元の代表者の画像
当窯元代表の「橋本てつじ」です。

きびしい寒さの冬を乗りこえて、桜の花が咲きますと、

ああ、春が来たな。やっぱり春がいいな~

メジロの抹茶色のグリーンが、桜のピンクとあいまって、本当に「春らしい景色だな」と思い

製作いたしました。

桜は、万葉の昔から、日本人にとって「特別な思い」のある花だからです。

年年歳歳花相似たり

春になると、桜の「花の蜜」を吸いにやってくるメジロ。

春になると、メジロは、桜の花の蜜をもとめてやってくる。

目が白くでクリクリした表情で、「チーチチチチ・・・」と鳴き、どこからともなくやって来て春を告げてくれます。

年年歳歳花相似たり

ねんねんさいさいはなあいにたり

桜の花は、毎年同じように咲いてくれる。そしてメジロもまた、同じように、やって来てくれます。

おいしい抹茶と和菓子をいただき、春の訪れをよろこびましょう。

この当たり前のようでいて、当たり前ではない「美しく優しい風景」。

春がすぎると、桜もすぐに散ってしまいます。メジロも春が去れば、涼しい山へと帰ってゆくでしょう。

やさしい春の景色も一瞬で通りすぎてしまいます。

この風景を「美味しい茶」とともにしっかりと味わい、心に刻みつけておきたいものです。

歳歳年年人同じからず

さいさいねんねんひとおなじからず

変わらないものがあれば、変わるものもございます。

やさしい春の一瞬の景色を写しとった風景を、「大切な方への贈りもの」にも、どうぞ。

ご注文は、お早めに

当窯元の製品は、工房直売ため、とてもリーズナブルな価格となっております。

ただし、手づくりのため大量生産はいたしかねます

在庫切れの場合、

製作にはかなりのお時間を

いただかねばなりません。

とくに、「季節もの」の商品は、来年まで再生産できない場合もございます。

そのため、ご注文はお早めにお願いもうしあげます。

※再入荷についてのお問い合わせは、この商品ページの最下段の「ライン・メールお問い合わせフォーム」よりご連絡ください。

ラインとFAXのご注文

ご注文は、インターネットのオンライン注文が最優先となります。しかし、「ライン・FAX」でのご注文も大歓迎いたします。

ライン・FAX注文のお支払いは「銀行振込み」のみとなります。

ライン・FAXでのご注文は、以下のボタンを押してください。

ご案内ページへ移動します。

抹茶碗 御本手 桜にめじろ
4,500円(紙箱入り・税込)

大口注文は10%割引

同一の商品を5個以上をご注文の際は、商品価格の10%割引にて販売させていただきます。

その場合は、以下のメールまたは、ラインにてお問い合わせください。

また、

  • オリジナルの作品の製作
  • 商品の再入荷について
  • そのほか何でも

お気軽にご連絡ください。

以下のボタンを押すと、お問い合わせのご案内ページへ移動します。