抹茶碗 黒釉 若楓にカワセミ 橋本紫雲作

こくゆう わかかえでにかわせみ しうんさく

※この商品は、店頭では「1万5千円」で販売しているものです。

当サイトでは、窯元から直売となります。中間流通手数料が無料のため、およそ半額でのご提供となります。

※この商品は、「木箱入り」と「紙箱入り」がございます。どちらかをご選択してご注文ください。

  • 木箱入り/8,200円(税込)
  • 紙箱入り/7,200円(税込)

若楓ひととき憩う寺の縁

(わかかえで・ひとときいこう・てらのふち)

この俳句は、「林瑠美」(はやし・るみ)さんのよんだものです。

この句に出てくるお寺を、私は勝手に京都にある瑠璃光院(るりこういん)だとイメージしております。

瑠璃光院の若楓

写真のお寺は、瑠璃光院(るりこういん)の見事に涼しげな若楓のものです。ここに行くと緑の冷気につつまれたような涼しさを感じます。

瑠璃光院は、京都市の市街から少し離れた「八瀬」(やせ)という地域にあるお寺となります。

毎年、4月から6月末にかけて特別拝観がおこなわれます。初夏になると、写真のような青楓の絶景をみることができるのです。

「抹茶碗 黒釉 若楓にカワセミ」は、この瑠璃光院の涼しげ風景イメージして製作いたしました。

年々、夏の暑さが増すばかりの日本の夏。その猛暑の日本の夏を少しでも涼しく過ごしていただきたい。

しかし、季節の茶碗は使える時期が夏に限られます。一時期しか使えない抹茶碗に値段も何万円ものお金はぜいたくですよね。

でも、この「抹茶碗 黒釉 若楓にカワセミ」なら、5月の初夏から秋の紅葉の前まで、約半年の間お使いいただける絵柄となります。

また、価格も工房の直売の値段です。

直売のため、中間手数料がありません。お店で販売される同品質の商品にくらべ、とてもリーズナブルなお値段でご購入いただけます。

さらに、絵はもちろんのこと、使い勝手にも熟練の職人がこだわった作りとなっています。

職人の手描きだから、青楓の表情も豊か

※パソコンでご覧の方は、クリックで画像拡大します。

若楓ひととき憩う寺の縁

瑠璃光院にあらわれる風景を描きました。青々と涼し気な青楓に囲まれ、しんとした京都の東北にある八瀬。そこにカワセミがたたずむ夏の風景です。

葉の色も1つ1つ違う

茶碗に向かって左手の絵です。職人の手描きですから葉の色も1つ1つに違いがあり、表情が豊かになります。

葉のカタチをさまざま

茶碗に向かって右側の絵です。青カエデの葉のカタチも色々ちがいます。葉のひとつひとつが職人の手描きだからです。カエデの表情がとても豊に描かれます。

落ちついたマットな葉の色あい

この茶碗では、青かえでを光沢をおさえたマットな色の京絵の具の青(みどり色)とヒワ色(黄緑色)を使って描きました。そのためテカりのない落ちついた色あいとなります。

様々な色と奥行きのある絵

手前には、深い緑、明るい緑、太陽に反射して金に光る葉。お茶を池に見立てた向こうには、緑色と黄色に塗りわけたカワセミが涼しげに羽を休めている風景です。

やや小ぶりのサイズと質感の高い重さ

サイズは、直径/約11.5cmで、高さ約8cm。抹茶碗の標準サイズの4寸(12cm)より少し小さめです。重さは約200g。茶碗に少し重みをもたせることで高級な質感となります。

女性の手にしっくりくるサイズと重さ

当窯元の女性職人が手に持った写真です。小さめの女性に手にもしっくりくる小ぶりのサイズ。

また、軽すぎる茶碗は、割れやすく安っぽい印象も与えます。適度に重みをもたせることで、茶碗の質感と茶をたてるときの安定感がでます。

お茶がたてやすく、使い勝手もよい

茶碗正面がわかりやすい

茶碗の後ろ側に、大きく余白をとることで茶碗の正面がハッキリわかります。緊張する茶会やお稽古でも使い勝手がよいです。

「茶だまり」もしっかり

「茶だまり」がしっかりとあります。飲み残しの茶が茶だまりに集まりキレイに見えます。

茶せんが振りやすい広さ

「100本立ての茶せん」でも、余裕のある見込み(内側)のサイズ。茶せんを振りやすいので、しっかりと美味しい茶をたてられます。

飲み口は「玉縁」で欠けにくい

「玉縁」(たまぶち)とは、飲み口を丸く、少し厚みをもたせて仕上げることです。飲み口が欠けにくくなります。

汚れにくい高台

「うわぐすり」がなく土がむき出し高台(こうだい)に汚れ止めを施工。汚れにくくなっています。(※完全に汚れを防ぐことはできません)

持ちやすく安定する高台

お湯を捨てるときにも、持ちやすく、とり落とす心配がありません。不安定な畳でも安定します。

三代目・城岳作の陶印

陶印は、清水焼発祥の地・京都の五条坂(ごじょうさか)で茶道具を専門に作る三代「城岳」(じょうがく)となります。

木箱とダンボールで梱包もしっかり

木箱(桐箱)入りは、こちら

紙箱入りは、こちら

和紙のキレイな化粧箱

化粧箱の画像
紺と白の和紙の化粧箱

箱の表面に、紺と白の和紙をはった化粧箱。茶碗をウレタンでしっかりと包み箱に入れます。

割れない2重の梱包

ダンボールに入った化粧箱の画像
2重の箱でしっかりと梱包。

化粧箱をダンボール箱に入れて発送。2重の箱にて梱包するため割れる心配は、ございません。

化粧箱もしおり付き

化粧箱入も「しおり」付き

化粧箱入りをお選びいただいても、「しおり」は添付しております。

※この商品は、「木箱入り」と「紙箱入り」がございます。どちらかをご選択してご注文ください。

  • 木箱入り/8,200円(税込)
  • 紙箱入り/7,200円(税込)

清水焼の伝統技術でつくる

職人がていねいに絵付け

当窯元の熟練の職人が清水焼の伝統技術で青楓の葉のひとつひとつまで、ていねいに絵付けします。

全行程が手作業

茶碗の成形も、もちろん職人の手づくり。茶道具専門の職人が、茶碗の全工程を手作業で仕上げます。

黒い茶碗は抹茶のグリーンを引き立てる

黒い茶碗は抹茶のグリーンをいっそう涼しげに引き立ててくれます。
「若楓」が運んでくれる澄んだ風を、あなたのお家にも運びます。
当窯元の代表者の画像
当窯元代表の「橋本てつじ」です。
京都の夏はとても暑いのです。盆地ということもあり、蒸し暑さがとてもキビしくなります。
夏場には、青楓のある郊外によくでかけます。この青楓が心に涼気を運んでくれるからです。
そんな涼しげな風景を一碗にこめて作りました。
商品名抹茶碗 黒釉
青楓にカワセミ
価格木箱入り/8,200円(税込)
紙箱入り/7,200円(税込)
作家名橋本紫雲
(しうん)
サイズ口径/約11.5cm 
高さ/約8cm
重さ約200g
家電対応食洗機/不可 
電子レンジ/不可
梱包木箱または紙箱
注意点※ 若干のサイズ・絵の色の濃淡やがございます。 商品はひとつひとつ手作りです。手作りの風合いとして、お楽しみください。
※非常に微細な鉄粉(黒い点)やピンホール(透明な点)ががまれに出ます。天然の素材を使用しているため、非常に微細なものは残る場合が、ございます。ただし、大きなものは検品の際に排除しております。

※この商品は、「木箱入り」と「紙箱入り」がございます。どちらかをご選択してご注文ください。

  • 木箱入り/8,200円(税込)
  • 紙箱入り/7,200円(税込)

※職人のひとつひとつ手づくりのため、在庫数に限りがございます。在庫切れの場合は、製造にお時間がかかります。ご注文は、お早めにお願いいたします。

※再入荷についてのお問い合わせは、この商品ページの最下段の「ライン・メールお問い合わせフォーム」よりご連絡ください。

ライン・FAX注文のご案内

ご注文は、インターネットのオンライン注文が最優先となります。しかし、「ライン・FAX」でのご注文も大歓迎いたします。

ライン・FAX注文のお支払いの「銀行振込み」のみとなります。

ライン・FAXでのご注文は、以下のボタンを押してください。ご案内のページへ移動します。

抹茶碗 黒釉青楓にカワセミ 木箱入り/8,200円(税込) 紙箱入り/7,200円(税込)

大口注文は、お問い合わせください

5個以上ご注文や小売店さまの卸売りは、次のお問い合わせボタンよりご連絡ください。

上記以外の商品についてや商品の再入荷なども、お気軽にご連絡ください。

以下のボタンを押すと、お問い合わせのご案内ページへ移動します。